FC2ブログ

SNLES

ARTICLE PAGE

ソニー 「NW-F807」

購入(家電等)
  • comment0
  • trackback0
nw-f807.jpg
nw-f807-2.jpg
二週間前ウォークマン購入しました。
評判芳しくないnw-f800シリーズ。

先代のipod第三世代32Gbがほぼ埋まっていたことを考慮し64Gb仕様のnw-f807をチョイス。ブラックです。カセット時代は黒一色だったような・・・。
ついでにイヤホンも新調し購入しましたが、届いて開けるとウォークマンよりイヤホンの箱の方が値段の割に高級感があり立派。取り出し方も洒落ていてケースまで付属していた。合計約40k。
ウォークマン安ぼったくこじんまりしていました。
イヤホンに金かけるなら、家のヘッドフォンかスピーカーに金をかけた方が良いに決まっています。

事前情報でsony公式では16bit/44.1khzまでとの事でしたがAvwatchレビューで
http://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/20121005_564484.html
24bit/48kHzまでは再生可それ以上不可と書かれていましたが、GoneMAD Music Playerというsoftでは

SACDリップ→scarletbookでDSD抽出→AudioGateにて24bit/192khzのflac変換

これで24bit/192khzのflac再生可能でした。
このプレーヤーディレクトリ管理が出来るから楽なんですよね。
適当にDSDダウンコンバートとディレクトリ作って192khz,48khzと作りましたが、やはり管理がしやすい。
常々ipodの鬱陶しい同期とタグによる管理はどうにかならないのかと思っていましたが、ようやく開放されました(何かしらの回避方法があったかもしれませんが)。

画像はアルバムアートはセル指揮のシューマンの2,4番、クライバー指揮ベートーヴェン5,7番、トラックはカラヤン指揮の第九にハイフェッツのブラームス,チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。
ファイルサイズが見えると思いますがブラームス,チャイコフスキーの第一楽章でほぼ1Gb食っています。アルバム一つ一つが3.5Gb〜4Gbと大容量なので7枚入れただけで25Gb程度。

音質触れていませんでしたが、usbdacからのDSDネイティブ再生+愛用ヘッドフォンに敵う筈も無く。
ipodよりは良いですけどね。前はAシリーズでしたがipodに変更して後悔した覚えしか無いです。
しかし、こんな大きい容量かつあまり恩恵を受けて痛いと尾も割れれる音質ならと割り切り現在24bit/48kHzで変換中。
まぁ、通勤ではこれで十分でしょうね。

右下はミクの痛壁紙。最初演奏家にしていましたが・・・むさくるしいか痛いかの違いですね。
トップにアイコン置くのが大嫌いなので何もありません。部屋の4台のPCも会社のPCもランチャーを使用してデスクトップはゴミ箱のアイコンが一つなんですよ。
体調不良で会社を休んでしまった時、データ何処にあるんだ?ゴミ箱一つで判らん、と文句を言われた事も。
関連記事
  • posted by ヨウ

Comments 0

Leave a reply