FC2ブログ

SNLES

ARTICLE PAGE

皮膚

日常生活(闘病)
  • comment0
  • trackback0
ステロイドと一口に言っても色々あるけど、当然自分の場合は抗炎症薬を指す。

この薬、ほぼ万能と言い切ってもいいほど様々な病気に効力を発揮するのは周知の通り。些細なものから難病まで。特に自分のような膠原病患者にとっては、最も恩恵を受けている薬だろう。

問題はいつものように副作用。
今回は皮膚。関節痛も寒くなってきたからか若干あるが、本日何時の間にやら紙か何かで手を切り帰宅して足を見たら、何時の間にか皮下出血を起こしていた。

どちらも無自覚なんですけどね。
未だに病室のベッドで初めて飲んだときのことを鮮明に思い出しますよ。それからもう6年近くになるのか。
これから飲み続けなければならないのかと思っていたんだっただろうか。
やはり長くなると相当皮膚が弱くなってきているようだ。
ループスのせいでかバファリン飲まされているので相変わらず血が止まらなくてえらい目にあった。

最近、ステロイドやら免疫抑制剤飲んでいるとどうでもいいような気がしてならない。
いくら恩恵を受けたとはいえ、所詮は延命措置みたいなものか?普通の生活が出来るようになってきつつあると、いろいろな資料を読んできたが立て続けに徹夜で仕事が出来るわけでもなく、少し動くと沈んでいくように疲れる。

こんなくだらない病気にさえならなければ今のくだらなさ過ぎる会社に入社する事も無く、前の会社にいたのだが・・・。やっぱり上場はまともだ。
ま、決断を下したのは自分であり誰もせめようが無い。
みっともないな。
関連記事
  • posted by ヨウ

Comments 0

Leave a reply