FC2ブログ

SNLES

ARTICLE PAGE

トレードオフ

どうでもいいこと
  • comment0
  • trackback0
世界地図を見ただけではわからない「国のサイズ」とは?

こんな記事を読んだのですが、

メルカトル-01(20210112)
※wikipediaより

メルカトル図法に慣れていて赤道直下でひずみの少ないインドネシアが実は意外に大きいとは…。

メルカトル-02(20210112)

MSFS2020は中途半端ではありますが正距方位図法に近いみたいなので(ひずみはありますけど)、インドネシアとヨーロッパ・アメリカ・ロシアを中心に撮ってGIFアニメを作成し
(関係ないですけどMSFS2020の時間を動かして気が付いたのですが、この時期ロシアは極夜の地域が多い。)

メルカトル-03(20210112)

インドネシアの端から端まで指を広げて比較してみたらやはりかなり長く面積も大きい。

様々な図法はありますけど、どれもこれも結局何かを切り捨てているので仕方がありません。

ただ単に馴染みのあるメルカトル図法がたまたま距離と面積を犠牲にしているという事ですね。

どうしても大小は比較してしまうので、私はインドネシアが小さいと思い込んでいましたが、実の所インドネシアはひずみが少なく小さいのではなく基準というか正確に近い。
逆に他の3箇所はひずんでいるせいで大きいと勘違いしていただけで、本当はもっと小さいと認識しなければならないという事か。
違うと理解していたつもりでしたけど、まさかここまでひずんでいたとは思いもよりませんでした。

ずっとそう思い込んでいたというか錯覚してしたので、認識を改めようとしても不思議な気分です。

まぁ今まで困った事もありませんし、どうでもいいことかもしれませんが…。
関連記事
  • posted by ヨウ

Comments 0

Leave a reply