FC2ブログ

SNLES

ARTICLE PAGE

IsoTek 「EVO3 SIGMAS」

機器・その他
  • comment0
  • trackback0
シグマス-01(200628)

私には高価な機器ですが、6月30日までのキャッシュレス消費者還元事業+数量限定夏ボーナス特価(ニートだけどな!)で色々調べた中でかなりの価格差が生まれたので迷いに迷った末購入。

新しいDACの音がどうしても気になってしまって…。

シグマス-02(200628)

クリーン電源ではなく、高価なノイズフィルター付き電源タップなんですけど。
そう考えると高すぎ大きすぎ。

シグマス-03(200628)

フロントいくら何でもちょっと刺々しすぎやしませんか?
少しくらいRをつけてくれても…。

シグマス-04(200628)

このホームセンターに売ってそうなゴム脚は!
この価格でこれは無いと思う。即外して現在はインシュレーターの上に鎮座しています。

シグマス-05(200628)

家ではたまに102Vになるけど大体103Vの値。
電源歪み率は晩は2%を超えたりしますけど、大体問2%以内に収まっている感じ。
もっと酷いと思っていましたよ。因みに違うコンセントに掃除機のコンセントを差し込んで掃除機をかけたら2.5%位まで跳ね上がりました。

結論:良くなって悪くなった。

旧e22は格段に良くなって新X-DP10は悪くなった?

e22はいつも以上に静寂そのもの。X-DP10はJRiver Media Centerをドラッグしたりウィンドウの大きさの変更、DSD256の再生時、違和感というかノイズらしきものが気になるようになってしまった…。パワーアンプが敏感になりすぎたのだろうか?私如きの耳で音質を語るな!と怒られそうですけど、聴こえるものは仕方がない。
e22には
・ノイズを最小化するために11個のパワーフィルターを搭載してオーディオ帯域でのノイズを2μVrms以下まで抑えることで,ジッターやクロストークを最小に抑えました。
・グラウンドループやコンピューターからのノイズの混入を防ぐため,USB基板とDAC回路との間にガルバニック絶縁回路を搭載しています。
って書かれているからこういう対策の違いなんだろうか。
X-DP10って高S/N、低歪みとしか調べても書かれていないけど、e22はマニュアルに数値が明記されているし。

色々やったらノイズは解決出来ましたけど、それはまた今度。
だけど、聴いてみたらどうしも私にはES9028搭載のX-DP10(Bulk Pet設定済み)より旧世代ES9018搭載のe22の方が良く聴こえるんですよね。
とは言え機材の好みって人それぞれなので、結局私の場合e22の方が好みといった所か。それに利便性はX-DP10の方がずっと上ですし。

とりあえず、クラシック・ジャズ・サントラ色々聴いてみました。

シグマス-06(200628)

UNAMAS Strings「ViVa The Four Seasons」冒頭の自然音のリアルさと各楽器の繊細さ。
ラドゥロヴィチ「パガニーニ ヴァイオリン協奏曲第1番」の甘美な弱音の柔らかい響きと唐突な力感溢れるキレ(ジャケのネマニャ・ラドゥロヴィチの髪が気になるw)。

シグマス-07(200628)

「Jazz at the Pawnshop」の圧倒的臨場感。
「Best Soundtrack Hi-Res Selection Premium」炎のランナーの音の粒立ちとアラジンの滑らかさ。

シグマス-08(200628)

「東京ザナドゥ ex+ 」Earnestly Adventure冒頭のシャワーのような空気感と音の広がり。
「イースVIII Christmas of DANA」ICLUCIAN DANCE -Xmas-の響きと余韻。


どれもかなりの変化。Earnestly Adventure冒頭を聴いた時はちょっと笑ってしまいました。総合的にモヤモヤ感が消えて静かになりその分一音一音が細かくかつ素直に前に出てきた感じ。

お前の耳なんだからプラシーボ効果だよ!と言われそうです。
いや否定しませんけど、自分としては大変満足。オーディオは自己満足の世界なんだから人が何と言おうとそれでいいんですよ。
関連記事
  • posted by ヨウ

Comments 0

Leave a reply